戻る   OR 回路 (OR circuit)



OR 回路 (論理和回路) は最も基本的な論理回路のひとつで、 AND 回路NOT 回路 とともに、 「基本論理回路」 と呼ばれています。

OR 回路には複数の入力と1個の出力があり、 少なくとも1つの入力端子に1が入力されたときに1が出力 されます。

論理回路の入力信号の組み合わせによって、出力信号がどのように変わるかを、 すべての条件について表したものを 「真理値表」 といいます。
下図の場合入力信号は2個なので、 入力信号 A, B の組み合わせは 0, 0、 0, 1、 1, 0、 1, 1 の4種類です。

OR 回路の動作は、 下に書いた電池と電球、そして並列に接続された2個のスイッチでできている回路に似ています。
真理値表のように、 スイッチAB と電球の点滅 X の関係を 「電球回路」 の表にまとめてあります。

スイッチの OFF と電球の消灯は 0、 スイッチの ON と電球の点灯は 1 と考えれば、 「真理値表」 と 「電球回路」 はまったく同じです。






上の図で、 OR 回路入力部の数字や回路図のスイッチの付近、 あるいは 「真理値表」 や 「電球回路」 を マウスでクリックすると、状態を変えることができます。





バスの押しボタンスイッチ 身近な例では、バスの 「次降ります」 スイッチがこのタイプです。

乗客は降りたいバス停が近づくと、 手近の押しボタンスイッチを押します。
たくさんのスイッチが並列に接続されていますが、 どのスイッチを押しても 「次止まります」 というランプがつきます。
たくさんあるスイッチの少なくとも一つが ON になると、 運転席ではブザーが鳴って、 運転手さんは降りたい人がいることを知ります。


関連事項: AND 回路  NOT 回路  NOR 回路


情報処理概論 に戻る   用語解説 に戻る   戻る  

Java applet 圧縮アーカイブファイル    自由利用マーク
update: 2012.09.21  address